曖昧な採用基準からおさらば「データをもとにした採用基準の作り方」 | 人事のための実践心理学
 

 
 
本セミナーでは、京都大学大学院卒、臨床心理士の資格を持つ、心理学のプロである講師の佐藤から「データをもとにした採用基準の作り方」を解説いたします。

「面接官の主観に頼る採用」から脱却し、「データをもとにより自社に合う人材を見極めたい」とお考えの方はぜひご参加ください。



こんな方におすすめ
 
・採用基準が曖昧で、面接官毎の目線が揃えられていないことに課題を感じている方
・選考において主観的な評価のみではなく客観的な評価を加え精度を向上させたい

 
 
当日のコンテンツ
 
1.そもそも採用基準として定義するべき項目とは?
2.自社で取るべき人材を定義する方法
3.具体的な事例紹介
4.適性検査クラウド「ミキワメ」の導入メリットについて
 
 
講師紹介

京都大学博士課程出身 臨床心理士
株式会社リーディングマーク 組織開発研究所 研究員
佐藤 映(Utsuru Sato)
 
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得退学後、京都文教大学で教鞭をとり、2020年にリーディングマーク入社。リーディングマークではミキワメのアルゴリズム開発責任者を務める。

 
 
セミナー概要
 
日時: 6月30日(火)13:00-13:45
視聴方法: Zoom(お申し込みいただいた方へ、視聴用URLを別途ご案内いたします)
参加費:無料 

お申し込み