これだけは知っておきたい!「人事のための心理アセスメント入門」 | 人事のための実践心理学
 

 
 
「心理アセスメント」と聞いて聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?

「心理アセスメント」とは、心の課題を解決するために、心理検査や面接等の方法を用いて情報収集を行い、その後の支援方法についての仮説を立てる過程です。

この「心理アセスメント」の基礎を知っておくことで「選考の精度を向上させる」「従業員の状態を把握する」などの目的で人事業務に役立てることができます。


今回は、京都大学博士課程出身、臨床心理士の資格を持つ、心理学のプロである講師の佐藤が「心理アセスメントの基礎」をお伝えしますので、お気軽にご参加ください。



こんな方におすすめ
 
・「心理アセスメント」についての基礎理解を深めたい方
・求職者が自社に合っているかどうかを判断するための技術を向上させたい方
・従業員の状態を適切に把握し、効果的なアプローチできるようにしたい方
 
 
当日のコンテンツ
 
1.心理アセスメントとは何か?
2.アセスメントの心構えと注意点
3.アセスメントで使うツールと活用方法
4.採用現場での活用方法
5.適性検査クラウド「ミキワメ」の導入メリットについて
 
 
講師紹介

株式会社リーディングマーク 組織開発研究所 研究員
ミキワメ事業部 コンサルタント / 臨床心理士
佐藤 映(Utsuru Sato)

 

京都大学大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得退学後、京都文教大学で教鞭をとり、2020年にリーディングマーク入社。リーディングマークではミキワメのアルゴリズム開発責任者を務める。

 
 
セミナー概要
 
日時: 8月5日(水)15:00-15:45
視聴方法: Zoom(お申し込みいただいた方へ、視聴用URLを別途ご案内いたします)
参加費:無料 

お申し込み