コロナ禍で活躍しやすい人材の見抜き方 | 人事のための実践心理学 コロナ禍で活躍しやすい人材の見抜き方 | 人事のための実践心理学
 

 
 
コロナにより人々の働き方は大きく変化しました。

"過去"に活躍してい人が、"今"も活躍するとは限らなくなりました。

本セミナーでは、コロナにより環境が大きく変わる中でも「自社で活躍しやすい人材」を見抜くためのポイントを解説します。


京都大学大学院卒、臨床心理士の資格を持つ、心理学のプロである講師の佐藤がわかりやすく説明いたしますので、ぜひご参加ください。



こんな方におすすめ
 
・コロナにより環境も変化する中、採用基準の見直しを考えている経営者・人事の方
・採用のミスマッチに悩んでおり、採用の質を向上させたいと考えている経営者・人事の方
 
 
当日のコンテンツ
 
1.コロナの影響により働き方はどのように変わったのか?
2.コロナ後の社会で活躍しやすい人材の特徴とは?
3.自社の採用をどうアップデートしていくべきか?
4.適性検査クラウド「ミキワメ」の導入メリットについて
 
 
講師紹介

株式会社リーディングマーク 組織開発研究所 研究員
ミキワメ事業部 コンサルタント / 臨床心理士
佐藤 映(Utsuru Sato)

 

京都大学大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得退学後、京都文教大学で教鞭をとり、2020年にリーディングマーク入社。リーディングマークではミキワメのアルゴリズム開発責任者を務める。

 
 
セミナー概要
 
日時: 10月27日(火)15:00-15:45
視聴方法: Zoom(お申し込みいただいた方へ、視聴用URLを別途ご案内いたします)
参加費:無料 

お申し込み